レガシィB4の色 カラー!色見本や人気カラーを紹介

人間がぱっと見で確認するのは何でしょうか?

大きさであったり形であったり

色々あると思いますが、

その中には必ず『色』がありますよね。

そこで今回はレガシィB4の

色について詳しく見ていきたいと思います。

レガシィアウトバックの色についてはこちら

レガシィの色見本

レガシィB4の色を全て見ていきましょう。

ベースグレードもLimitedも

同じ6色が存在します。

クリスタルホワイト・パール

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade1

まずは、ホワイトです。

この透き通るような白は

レガシィB4により洗練された美しさを

もたらしてくれているように感じます。

ちなみにこの色はデフォルトで

32400円割高になっています。

アイスシルバー・メタリック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade1

次はシルバーですね。

印象としては、ホワイトが車全体に

美しさをもたらしていたのに対して、

このシルバーはキリッとしたかっこよさを

もたらしていますね。

ダークグレー・メタリック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade1

3つ目はグレーですね。

車内の色もこのグレーに限りなく近いので

外装と内装の色を同じにして

統一感をより引き出せそうですね。

クリスタルブラック・シリカ

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade1

続いては、ブラック。

淀みない黒が白とはまた

違ったベクトルの美しさをレガシィに

もたらしてくれているように感じます。

クリムゾンレッド・パール

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade1

次に紹介するのはレッドです。

上で紹介してきたような

モノクロの落ち着いた印象の強い色たちに

対して、より主張の強い華やかな

印象を私たちに与えてくれますね。

ちなみに、この色も

32400円割高になっています。

ダークブルー・パール

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade1

最後に紹介するのはブルーですね。

先ほどのレッドと同じように

華やかさを感じさせつつも、

一方では落ち着いた雰囲気も併せ持つ、

そういったハイブリットな感じがします。

まとめ

皆さんはどんな色が好みでしょうか?

6色それぞれに個性があり、一概に優劣は

つけられませんね。

私としてはあくまで個人的な意見ですが、

透き通った美しさのある

クリスタル系のホワイトやブラックが、

走りを楽しむ上で良い気がします。

色といった要素は、個人の好き嫌いに

大きく左右されるので、

自分の目で一回確かめてみて、

納得した上で購入すれば

とっても大満足できると思いますね。

エクステリアカラーを見てきましたが、インテリアカラーが気になる人はこちら

スポンサーリンク

人気カラーは?

先ほど紹介してきたように、

レガシィB4には6色あります。

購入者が求めている人気カラーはいったい

どれでしょうかね?

スバルカラーといえばブルーですし、

色の定番といったら白じゃないでしょうか。

そんなところを見ていきましょう。

人気カラーはズバリ・・・・・

ダークグレー・メタリック

クリスタルブラック・シリカ

ですね!

私としては最初はホワイトが

人気カラーなんじゃないかなと

思っていたので少し意外でした。

レガシィB4を買うということは

セダンを買うということですね。

最近はセダンの市場がどんどん縮小してしまって

いますが、それはセダンの人気が

なくなってきているということでしょうか?

確かに、ハイブリット車に比べるべくもなく

燃費では負けてしまいますし、近頃の

ミニバンの人気さには全然勝てません。

でも、セダンの良さは

そんなところにはないはずです。

まさにかっこよさを追求した乗用車といった

素晴らしい外装。圧倒的な走り性能。

そんな見た目や走りがあるからこそ

セダンの人気が潰えることなく

今まで続いているのでしょう。

購入者の満足度の高さも車の良さを裏付けていますね。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/special/photo.html

今回のレガシィB4の人気カラーが

シルバーとブラックの2色になったのは、

この車を求めている人たちが素朴なかっこよさを

欲しているということでしょうね。

スポンサーリンク

お手入れの方法を紹介

自分の「買いたい!」って思う

色がなんとなく決まりましたか?

自分がこれが好きだと思って買った

ボディーカラーの天敵となるのが、

汚れや傷ですよね。

そこでここでは車全体のお手入れについて

詳しくみていきます。

絶対に何かいい発見があるはず。

自分で?他人に?

まず大前提として自分で車を綺麗にするのか、

または他人に綺麗にしてもらうのか

という問題があります。

もちろん、お金を出して他人にやってもらった方が

手間をかけることなく綺麗にすることができますが、

その分かかる費用もどんと増えてきます。

車はガソリン代などの維持費が多くかかり

ただでさえ大変なのに、綺麗にするのにも

たくさんのお金を払う余裕があるでしょうか?

そういった余裕があるのでしたら

いいかもしれませんが、自分の愛車を

自らの手で綺麗にした方が達成感もありますし

よりその車に愛着がわくと思います。

ということで、ここからはいかにして

自らの手で車のお手入れをするのか

ということについて紹介していきますね。

洗車用品

方法云々を紹介する前に、まずは

車のお手入れに必要な用品を

一挙にご紹介!

これらさえあれば効率&綺麗さUPは

間違いなしですね。

◎スポンジ

引用:https://www.amazon.co.jp/

これがなくては何もできないですね。

車用のスポンジは世の中にたくさんありますが、

高吸水性で泡立ちの良いスポンジが理想です。

口コミなどでそういった商品を

探してみて下さい。

◎カーシャンプー

引用:https://www.amazon.co.jp/

もちろんカーシャンプー。

これを使って、基本的には

汚れを落としていきます。

泡立ちが良かったり、

ワックスを落とさなかったり

といった評価のある商品を選びましょう。

◎タオル

引用:https://www.amazon.co.jp/

洗車には大量の水を使います。

(というよりかはここでケチってはダメです)

その水を車につけたままにしては

せっかくの洗車が台無しです。

タオルはマイクロファイバーなどの

しっかりとすぐに水を吸うタイプを

選ぶようにしましょう。

◎洗車バケツ

引用:https://www.amazon.co.jp/

水汲みに洗車用品の整理、さらには

手の届きにくいところを洗う時の足場など

その用途はさまざまです。

これ一つで洗車の効率はグンと上がりますね。

・ブラシ

引用:https://www.amazon.co.jp/

これがあれば細かいところにある汚れや、

なかなか取れにくい汚れが簡単取れますね。

・ワックス

引用:https://www.amazon.co.jp/

ワックスは常に必要となるというわけでは

ないのですが、長い間走っていると

車のワックスも消耗してしまうので、

お手入れの際に必要になってきます。

ここまで洗車用品を紹介してきましたが

上で◎がついているものは特に重要な

必需品になっています。

実際の車のお手入れの方法や

気をつけるべき点については

こちら

これを知らないあなたは〇〇万円損してる!?

車を買い換えたいな!

けど家計のこと考えると余裕が・・・

そんなあなたに必見の方法が

楽天オートです。

ディーラーに下取りでの下取りよりも

最大で50万円以上

高く買い取ってもらえるので

知らなかった人よりも

何十万円も得することになりますよ

早速査定して、今のあなたの愛車の

正しい価値を見てみましょう!

↓安心の楽天運営↓

関連記事はこちら

レガシィB4で車中泊→

レガシィB4の内装に迫る→

レガシィB4のカラーはどんな感じ?→

レガシィB4の不具合リコール情報まとめ→

レガシィB4のスペックや乗り心地情報→

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする