レガシィアウトバックのカラー!人気カラーや色見本をお届け

車を見てすぐにわかる要素は何でしょうか?

まあその中には間違いなく

色が入ってくるでしょうね。

そんな訳で、今回はレガシィアウトバックの

色について詳しく見ていきましょう。

さらに、車のカラーを美しいままにするのに

必須な、車のお手入れについても

紹介していくので、お見逃しなく!

レガシィの全色紹介

では早速レガシィアウトバック色を

一挙に見ていきましょう。

全部でカラーバリエーションは10色であり、

とてもカラフルですね。

ちなみに、ベースグレードもLimitedも

デフォルトの色はどちらも一緒ですね。

クリスタルホワイト・パール

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade1

最初は安定のホワイトです。

透き通るような白が車全体に美しさを

もたらしているようですね。

アイスシルバー・メタリック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade1

2つ目はシルバーです。

似たような色もありますが、このシルバーは

最も明るく輝いているように感じます。

ストームグレー・メタリック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade1

3つ目はストームグレーです。

レガシィアウトバックにはグレーが2つ

ありますが、こちらは青の要素を

相当強くしたようなグレーですね。

ダークグレー・メタリック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade1

4つ目はダークグレーです。

こちらのグレーはほとんど黒ですが、

白が若干入ることにより、色にやわらかさを

加えていますね。

クリスタルブラック・シリカ

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade1

5つ目はブラックです。

この色は完全にブラックで、黒のかっこよさと

純黒の輝きを感じられます。

クリムゾンレッド・パール

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade1

6つ目はレッドです。

この色の車が街中を走っていたら

私だったらついつい見てしまいますね。

ダークブルー・パール

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade1

7つ目はブルーです。

白黒とはまた違った落ち着きのある色に

なっています。いろいろな風景としっかり

マッチすると思いますよ。

ワイルドネスグリーン・メタリック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade1

8つ目はグリーンです。

スバルでは意外とこの色を押しています。

山中など緑に囲まれたような場所で

真価を発揮する色ですね。

タングステン・メタリック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade1

9つ目はタングステンです。

色としてはシルバーに似ていて、

↓こんな↓感じの金属です。

ちなみに、タングステンなのは色だけですよ笑

タングステンは熱にめっちゃ強いのですが、

価格がとんでも無いことになってしまいます。

オークブラウン・パール

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade1

最後にブラウンです。

独特な色合いですが、妙に車全体に

マッチしているように感じます。

カラーまとめ

これまでレガシィアウトバックの全色を

見てきましたが皆さんは

どの色が好きでしょうか?

10色もあって相当迷ってしまいますが、

私個人的には美しさとかっこよさを併せ持ち、

それでいて車全体に統一感を

もたらしてくれている

クリスタルブラック・シリカがいいですね。

おそらくこの時点ではなんとなくしか

わからないと思いますので、あとは

実際に行って自分の目で確かめてみて下さい。

ちなみに、クリスタルホワイト・パール

クリムゾンレッド・パールの2色は

他の色よりも32400円割高になっています。

そんな割高分くらい値引きでまかないましょう。

気になる値引きの方法はこちら

人気カラーはどれ?

上で紹介した10色のうち

人気なカラーは一体どれでしょうか?

シンプルイズtheベストで

スバルカラーの

フォトギャラリーで押している

レガシィアウトバックの人気カラーは

ズバリ・・・

クリスタルブラック・シリカ

クリスタルホワイト・パール

の2トップと言えるでしょう。

やっぱりこの2色が強いですね。

クリスタルと名のつくように美しく、

それでいて車全体のバランスを崩すことは

決してない色ですね。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade1

また、レガシィアウトバックは、SUVであり

ファミリー層にも求める人がいるので、

どの年齢層にも馴染みやすい白黒が

選ばれたのでしょうね。

以前の口コミでは以外にも

タングステン・メタリックに

人気が集まってました。

2014年のフルモデルチェンジあたり

では、アウトバック限定色であり

光が当たった時の輝きなどが、

同系のシルバーやグレーとは異なる

新しい色ということで注目を集めていました。

時代が少し変われば人気カラー

変わっていくということですね。

人気カラーに関しては参考までにして、

ぜひ自分がビビッときた色を見つけて下さいね。

お手入れの方法を詳しく

車の天敵「傷」「汚れ」

せっかくの愛車ですので綺麗な状態で

長く乗りたいですよね。

そのためのお手入れについて

詳しくみていきましょう。

ちなみに洗車に必要な用具に関しては

こちらで紹介

まず真っ先にやるのが車の

ボディのお手入れですよね。

一番面積が広く一番最初に

やるべき部分ですね。

1,車全体を大量の水で流す

これには、砂やちりなどの

埃を落とすだけでなく、

車体の温度を下げる目的があります。

ここで十分に放水しておかないとこの先の

シャンプーとかの効果が

薄れていってしまいます。

確かに水は大切ですが、ここでしっかりと

使っておかないと

後からもっと水を使うことになるので、

ケチらずにガンガン使っていきましょう。

2,シャンプー→洗い流し

スポンジを使ってしっかり泡立ててから

優しく触れるように洗っていきます。

せっかく洗車したところが汚れると精神的に

きついので、洗うのは上から下にしましょう。

3,拭き取り

シャンプーをこれまた大量の水で流した後、

とにかく素早く水を拭き取ります。

水をそのままにしてしまうと、お風呂場のような

厄介な汚れが残ってしまいます。

ここで便利なのがマイクロファイバーの

タオルです。高吸水性なので、

車体を傷つけずにすぐ水を吸い取れます。

水が蒸発してしまうと汚れが残ってしまうので、

洗車のオススメは日中の明るい日陰ですね。

とにかく直射日光は天敵なので注意して下さい。

車の部分部分で2と3を素早く繰り返すことで

基本的にはボディの洗車は終了です。

車の美しさをさらに長持ちさせるなら、

ワックスコーティング

といった方法もあります。

コーティングは普通の人が自分でできるもの

ではないので業者に

やってもらうことになります。

ワックスについて軽く紹介すると、

種類によって撥水性を高めたり、ツヤを出したり

傷けしをしたりといった効果があります。

上で説明した通り大量の水を使って

優しく素早く洗車をしていればワックスは

すぐにはとれませんが、3,4ヶ月には一度

ワックスをかけ直すといいでしょう。

これまで車のボディのお手入れについて

紹介してきました。洗車一つをとっても

奥が深いですね。

シャンプーやワックスには、用途に合わせて

数々の効果を持った商品が存在しますので、

自分が今何をしようとしているのか

明確にしてお手入れをしていけば、

効果も効率もUP間違いなしですね。

これを知らないあなたは〇〇万円損してる!?

車を買い換えたいな!

けど家計のこと考えると余裕が・・・

そんなあなたに必見の方法が

楽天オートです。

ディーラーに下取りでの下取りよりも

最大で50万円以上

高く買い取ってもらえるので

知らなかった人よりも

何十万円も得することになりますよ

早速査定して、今のあなたの愛車の

正しい価値を見てみましょう!

↓安心の楽天運営↓

関連記事はこちら

アウトバックの車中泊情報→

アウトバックの内装に迫る→

アウトバックのカラーを一覧で→

アウトバックのスペックや加速乗り心地情報→

アウトバックのオイル交換→

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする