レガシィアウトバックのスペック紹介!乗り心地や加速性能もお届け

増税は待ってくれない!

消費増税が10月に迫ります。

車とか高級なものになると

万単位で損してしまいますよ。

 

楽天で今乗っている愛車を売却して

奥さんへのラスト一押しをしてみて下さい!

査定するだけなら無料です。

金額を見せればOKしてくれるかも♪

>>確かな安心!楽天の中古車査定

レガシィといったらセダンタイプが

一昔前には当たり前でした。

しかしながら、現在では国内での

セダン人気がいまいちになってしまっています。

そのためSUVである

レガシィアウトバックが注目されています。

今回はそんなレガシィアウトバックの

スペックについてお届けします。

アウトバックのスペックは?

レガシィアウトバックの基本スペック

についてまずは一気に紹介していきます。

エンジン

総排気量・・・・・・2498cc

ボア・・・・・・・・94.0mm

ストローク・・・・・90.0mm

圧縮比・・・・・・・10.3

燃料タンク容量・・・60.0L

最大出力・・・・・・129/5800(kW/rpm)

最大トルク・・・・・235/4000(N・m/rpm)

燃料種類・・・・・・無鉛レギュラーガソリン

形式

FB25

水平対向4気筒

2.5ℓ DOHC 16バルブ AVCS

寸法

車長・・・・・・・・・4820mm

車幅・・・・・・・・・1840mm

車高・・・・・・・・・1605mm

ホイールベース・・・・2745mm

トレッド(前)・・・・1575mm

トレッド(後)・・・・1590mm

最低地上高・・・・・・200mm

車内長・・・・・・・・2030mm

車内幅・・・・・・・・1545mm

車内高・・・・・・・・1240mm

定員・・・・・・・・・5人

総重量

ベースグレード・・・・1845kg

Limited ・・・・・・・1855kg

性能

燃費(jc08モード)・・14.8km/L

最小回転半径・・・・・5500mm

ズラーっと一気に見てきましたが

わかりにくい項目がいくつかありますね。

それぞれの項目の注目ポイントを

見ていきましょう。

ボア・ストローク

ボアがエンジンの円筒部分の大きさで、

ストロークがエンジン内部の機関が

動く範囲だということが、

わかっていれば十分でしょう。

大切なのは、この2つの長さの関係です。

レガシィアウトバックのように

ストロークがボアよりも短いと、

ショートストローク型と呼ばれ

強い力を出しやすいエンジンとなります。

一方あまりエンジンをかけない

街中とかでは、燃費が悪くなる

といったデメリットもあります。

引用:https://www.webcartop.jp/2016/07/46196

一方のストロークの方が長い

ロングストローク型は、エンジンを

あまり回していないときに有利です。

圧縮比

この値が大きいほどパワフルなエンジン

ということになります。大きくしすぎると、

エンジンが耐えきれなくなって

エンジントラブルを起こしやすくなります。

レガシィのようなガソリン車において、

10.3は平均より少し高いといった数値ですね。

出力・トルク

この2つは密接に関係していて、

簡単に言えばエンジンのパワーを示します。

出力のkWの部分を比較すれば

純粋なエンジンのMaxパワーを比較できます。

kWで有名なのは電気ですがWというのは、

一秒でどのくらいの仕事をするかを

表す単位なのです。

・形式

FB25はスバルが2010年に開発した

水平対向4気筒のエンジンです。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/スバル・FB型エンジン#/media/File:Ray_Baldwin_Subaru_Stamford_NY_Auto_Show_021.JPG

ホイールベース

タイヤの軸の前後の長さのことで、重要なのは

ホイールベースが短くなるほど小回りが利き、

直進での安定性が失われるということです。

・トレッド

タイヤの左右の長さです。

注目すべきは、トレッドが長いほど

カーブを曲がりやすいのですが、車幅が

大きくなってしまい操作が難しくなる点ですね。

・最小回転半径

ハンドルを思いっきり切って曲がった時に

描く円の半径のことを指します。

*イメージ画像*

ホイールベースと関係があり、この値が

小さいほど小回りが利くことを

覚えておいてください。

スペックについていろいろと見てきましたが

どうでしょうか?

項目それぞれに見るポイントがあって、

それを知れば得られる情報が以前よりも

増えてくるのでなんだか楽しいですね。

スペックは車の個性みたいなもので、

それぞれに特徴があるので、

詳しくなったり、他の車のことも

知っていったりすると

どんどん面白くなってきますよ。

スポンサーリンク

レガシィの加速性能

車の乗っていてグーーーんと

加速するときに、その車の

加速の良さが感じ取れると思います。

レガシィアウトバックの加速性能は

どのくらいなのでしょうか?

加速性能といっても簡単に

測れるものじゃないんですよね。

ただエンジンが強いからといって

車体の重量が重かったりすると、最初の加速が

あまり良くなかったり

といっていくつかの要素を持っています。

まず、レガシィアウトバックには

リニアトロニックという変速機が備わっています。

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/story/lineartronic.html

従来の装置ではアクセルを踏んだ時と

車の加速にズレが生じていて、

車は加速していても加速させている

という感じがあまりしない状態でした。

そこで登場したのがこのスバルの

リニアトロニックというわけです。

アクセルによる信号をスムーズに

伝達できるように改良し、

自分が車を加速させている感をより運転手に

感じさせる事に成功しています。

そのためこのリニアトロニックを

搭載していない他の車に比べて、実際の

加速性能で若干劣っていたとしても、

加速している感じはなかなかのものになりますよ。

レガシィアウトバックはAWDといってタイヤが

4つ全て動くようになっていて、馬力が高い

ということも相まって普段運転する分には

十分な加速性能があると思います。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/special/photo.html

ここから購入者の声を聞いてみます。

・アクセルを踏み抜いた時の加速は及第点、

日常の使用感は問題なし。特にロードサイド

からの合流等、低速からは遜色ないレベル。

・踏み込んだ時の加速感は

ターボ車には全然敵いません。

・平地の走り出しは滑らかに加速していくので

「お?いいじゃん!」と思ったけど上り坂に

なった瞬間に全然ダメ。力がないエンジンと

CVTが組み合わさってアクセル踏んでも回転数だけ

上がって加速しない、今どきの

2.5Lエンジンとは思えない非力さ。

他にも辛口のコメントが多くありました。

全体的に、平坦な道を走る時の加速は

スムーズで良いとの意見があった一方で、

高速道路や上り坂などしっかり踏み込んだ時の

加速についてはだめだ

という意見が圧倒的ですね。

トップ付近での加速は全然だめ

なのかもしれませんが、純粋に走りを

楽しむだけでないのであれば、

加速は十分なんじゃないかと思いますね。

スポンサーリンク

乗り心地について

車って基本的には乗るものなので、

乗り心地はとても大切ですよね。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/design/interior.html

車内幅は1545mmと二人で乗るには、

大人でも十分以上ですし、チャイルドシートを

載せても余裕があるので、

ファミリー層にとってはとても嬉しいですよね。

実際の購入者の評価もみてみましょう。

・舗装路を走っている分には、とても満足です。

BRよりも全然いいです。しかし、

不整路に入ったとたんに

印象がガラリと変わります。

硬いゴムが跳ねるような、不快な振動

発生し、ゆすられ感も大きいです。

・土曜日の市街地での試乗でしたので

最高でも60km/h程度までしか

スピードは出せませんでしたが、

ロードノイズも非常に穏やかで、

加速時にエンジン音が聞こえるな

という程度でした。

・加速時も車体が安定しており、重厚な

乗り心地で気持ちの良い車だと感じました。

・後席に座ると後輪タイヤ揺動軸と近いせいか、

少々固い乗り心地の印象を受けました。

もう少々しなやかな猫足の足回りに

リチューンしてもらいたいと思いました。

・街乗りの試乗では気づかなかったけど、

低速の段差や高速道路の段差でバスのように

フワフワと揺れるのが気になります。

また、低速走行時のエンブレのような

ガクガクは改善して欲しいですね。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade2

口コミをいろいろとみていくと、

乗り心地に関しては綺麗な道路では

静かでとてもいい乗り心地ですが、

高速道路などの段差や凸凹には

めっぽう弱く、揺すられる感じが不快

であるといった感じですね。

ちょっとした段差などで揺すられる感覚が

あるのは正直嫌ですね。そこに関しては、

今後のモデルチェンジに期待しましょう。

一方、乗り心地に不満を持っている人たち

ですら口コミの総合評価では、

ほとんどの人が高評価でした。

全体的にみたらやっぱりいい車なんですね。

しっかりと特徴を知って購入を決めてくださいね。

これを知らないあなたは〇〇万円損してる!?

車を買い換えたいな!

けど家計のこと考えると余裕が・・・

そんなあなたに必見の方法が

楽天オートです。

ディーラーに下取りでの下取りよりも

最大で50万円以上

高く買い取ってもらえるので

知らなかった人よりも

何十万円も得することになりますよ

早速査定して、今のあなたの愛車の

正しい価値を見てみましょう!

↓安心の楽天運営↓


関連記事はこちら

アウトバックの車中泊情報→

アウトバックの内装に迫る→

アウトバックのカラーを一覧で→

アウトバックのスペックや加速乗り心地情報→

アウトバックのオイル交換→

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする