レガシィのエコカー減税!自動車税を理解して賢く費用を抑えよう

あーー車が買いたい!

って思っても実際不安なことも

たくさんありますよね。特にお金のこと

とかですね。お金のことが全く心配ない

なんて人はなかなかいませんよね。

というわけで今回は費用について

詳しくなってもらって、不安を少しでも

払拭できたらと思います。

レガシィのエコカー減税

では早速税金について紹介していきます。

エコカー減税とは?

エコカー減税について、誰もが一度は

聞いたことがあると思います。

CMとかでもよく流れていましたよね。

しかしその仕組みは相当複雑になっています。

エコカー減税は数年に一度

制度や基準そのものが変化していて、

自動車税、自動車所得税、自動車重量税の

3つの税金を減税してくれるという制度です。

現在のエコカー減税の適応される期間は

以下のようになっています。

自動車税:2019年3月31日まで

自動車取得税:2018年4月1日~2019年3月31日

自動車重量税:2018年5月1日~2019年4月30日

この間に新車を購入する場合は、

次のような基準でエコカー減税が

適応されます。

引用:https://www.subaru.jp/ecocar/tax/index.html

*自動車税は新車購入の

翌年度から適応されます。

平成32年度燃費基準というものがあり、

それの達成度によって

細かく減税率が変化していますね。

(平成32年は訪れないんですけど笑)

レガシィの減税率

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/special/photo.html

ここが大切ですね。

レガシィB4、レガシィアウトバックの

エコカー減税は…

なし

ですね。

残念ながら今の基準には

到達することができず、エコカー減税を

受けることができません。

レガシィはどちらも

『平成27年度燃費基準+10%』ということで

この一つ前の基準は満たしていて、

エコカー減税の恩恵が

受けられていたんですけどね。

レガシィの現行車が

フルモデルチェンジされたのがどちらも

2014年となっていて、現在の基準ができる

4年も前なのです。

最近の技術の発展は素晴らしく、

それに合わせてエコの意識も上がっているので

少し前の車種が当てはまらないのは、

仕方がないですね。

これに関しては次のフルモデルチェンジに

期待しましょう。

モデルチェンジの情報についてはこちら

グリーン化特例

エコカー減税と似たような仕組みで、

基準の到達度に合わせた減税を

受けられる制度にグリーン化特例があります。

グリーン化特例は自動車税についての減税で、

購入した翌年のみ

減税を受けることができます。

適応期間は平成29年4月1日~平成31年3月31日

新車購入した場合のみです。

対象車は以下のようになっています。

引用:http://www.mlit.go.jp/common/001084664.pdf

残念ながらこちらも

レガシィB4、レガシィアウトバックともに

対象ではありませんが、

モデルチェンジで変わるかもしれませんので、

知っておいてください。

スポンサーリンク

自動車税

ここからは3つの税そのものを

見ていきましょう。

・自動車重量税

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade2

新車を購入した際と車検の時に

払うことになっている税金で、

その名の通り車の重量によって

かかる税金が変わってきます。

レガシィB4、レガシィアウトバックはともに

1500kg〜2000kgの区分になるので、

税額は49200円になります。

よほどのことがない限りありえませんが、

オプションを200kg分つけると

区分けが1つ上になってしまいます。

一応、購入時にディーラーに

確認してみてください。

・自動車所得税

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/special/photo.html

新車購入時にのみかかる税金です。

本体価格の9割の3%の額(百の位切り捨て)

で地方税になっています。

ここでいう本体価格とは、

車両価格+メーカーオプション価格に

なっていて、ディーラーオプションなどは

含まれませんので注意してください。

なんだか少しごちゃごちゃしていますね。

実際に計算して見ましょう。

レガシィアウトバック Limitedに

メーカーオプションとして

サンルーフをつけた場合

車両価格・・・3300000円

サンルーフ・・100000円

本体価格・・・3400000円より

3400000×0.9×0.03=91800

800を切り捨てて

91000円ということになります。

・自動車税

引用https://www.subaru.jp/legacy/b4/special/photo.html

毎年4月1日時点の車の保有者に

課される税金となっています。

新車購入の時期が4月からずれていたら、

その分だけ最初の年の自動車税は

割り引かれます。

2月とかに買って、全額払わなければ

ならなかったら大変ですよね。

車の排気量によって値段が異なります。

レガシィB4、レガシィアウトバックともに

2000cc〜2500ccの区分なので税額は

45000円になります。

税金は複雑で毎年かかるとなると

なかなか大変ですよね。

しっかり仕組みを知って、

準備しておきましょう。

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする