レガシィの外側!外寸や外装をB4とアウトバックともにお届け

増税は待ってくれない!

消費増税が10月に迫ります。

車とか高級なものになると

万単位で損してしまいますよ。

 

楽天で今乗っている愛車を売却して

奥さんへのラスト一押しをしてみて下さい!

査定するだけなら無料です。

金額を見せればOKしてくれるかも♪

>>確かな安心!楽天の中古車査定

レガシィも時代に合わせて少しずつ

変わって行っています。

かつてはレガシィと言えば、

セダンかツーリンクワゴンでしたが、

今ではツーリンクワゴンは無くなり、

SUVのアウトバックが販売されています。

車の大きさも色々と変わってきています。

そこで今回はレガシィの外側

について紹介していきます。

外寸情報!横幅や長さ、車高

まずは基本的な情報から見ていきましょう。

B4

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade2

車長・・・・・・・・・480cm

車幅・・・・・・・・・184cm

車高・・・・・・・・・150cm

外寸はご覧の通りです。

幅がだいたい少し長身の大人が

寝そべったくらいで、高さが

13歳の平均身長くらいですね。

Theセダンと言った感じの

すらっとした外観がとてもいいですね。

ここで以前のモデルと見比べてみましょう。

1998年発売モデル

引用:http://kakaku.com/item/K0000287216/images/

2003年発売モデル

引用:http://kakaku.com/item/K0000287217/images/

2009年発売モデル

引用:http://kakaku.com/item/K0000287218/images/

こうやって並べてみると、

昔の方がより

車高より車長が長いように感じますね。

モデルチェンジを繰り返していくうちに、

だんだんと昔の角ばった感じが薄れていき、

車全体が丸みを帯びてきているようです。

また、車の目つき(ライト部分)がだんだんと

きつくなってきていますね。

最近のレガシィには荒っぽさも感じます。

それもあってか昔のレガシィよりも現行車種

の方が颯爽と駆け抜けるかのように

走る姿を想像しやすいですね。

(車体が丸みを帯びたことによる

影響もありますね)

アウトバック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade2

車長・・・・・・・・・482cm

車幅・・・・・・・・・184cm

車高・・・・・・・・・160.5cm

外寸はこのようになっています。

セダンであるレガシィB4と比べてみると、

車幅と車長はどちらもほとんど

差がないのですが、

SUVであるレガシィアウトバックは車高が

高くなっています。

純粋な走りというよりは、実用性に

よりパラメーターを振っている

っていう印象ですね。

しかし、乗る部分の地面からの高さが

高くなっているので、乗りやすさで言ったら

負けていますね。

こちらも過去のモデルも見ていきましょう。

2003年発売モデル

引用:http://kakaku.com/item/K0000287219/images/

2009年発売モデル

引用:http://kakaku.com/item/K0000287220/images/

こちらは、どちらかと言えば

昔のモデルの方が車高が低く感じます。

また、若干潰れた感が

あった顔(ボンネットの部分)に

モデルチェンジを重ねるごとに

厚みが足されていますね。

こちらも車の目つきがだんだんと

きつくなっています。

時代の流れのようにも感じますね。

ざっと基本的な情報を見てきました。

皆さんはどのような印象を持ちましたか?

ここでだいたいのイメージを掴んでもらい、

ぜひ実物を確かめて見てください。

スポンサーリンク

レガシィB4の外装

ここまでは大きさをメインで

お話ししてきましたが、ここからは

装飾部分です。自分でじっくりと

見ることもできますし、

他のひとからも注目されることになるので、

外装(エクステリア)に関しては

特にこだわりたいのではないでしょうか。

Limited限定装備

ベースグレードにはないが、

Limitedにはあるという

装備がいくつもあります。

・フォグランプカバー

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

クロムメッキによって装飾された

フォグランプカバーです。

フォグランプとは、レガシィの場合

ヘッドランプの下についている

補助的なランプのことを指します。

クロムメッキによる淀みない色が、

フェイス全体の良いアクセントに

なっていてどのカラーでも、

嫌な感じがしないですね。

・サイドシルスポイラー

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

ドアの下のあたりで、乗降車部分の足元が

メッキで加工されています。

車のサイドの部分は、通常では装飾が

ほとんどなく、ボディカラーのみを

見るものとなっていると思いますが、

このメッキ装飾によりいい意味で、

少しボディカラー1色から切り替えられ

また違った良さが出ていますね。

・リヤガーニッシュ

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

こちらもメッキで装飾された

リヤガーニッシュですね。

メッキの輝きはどの部分にあっても

不自然な感じがしません。

これはバックドアを開ける際に、

持ち上げる部分の装飾です。

ちなみに、ガーニッシュというのは、

「装飾品」という意味で、

他にも○○ガーニッシュと使います。

ディーラーオプション

標準装備以外にもディーラーに

つけてもらうプラスαの装備があります。

こちらも紹介していきます。

・フロントグリル

・フロントバンパースカート

・リヤバンパーディフューザー

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

これらを搭載した新たなレガシィB4が

↓こちら↓

デフォルト版

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade2

フロントグリルのメッシュにより、

スバルマークが強調されより映えるとともに、

フロント部分の平らな印象を

無くしてくれますね。

また、フロントバンパースカートにより、

ぼんやりとしていたフロント部分の

輪郭がはっきりして、車全体のメリハリを

通常よりもつけてくれるように感じます。

リヤバンパーディフューザーは、

全体像の方には写ってないのですが、

後続車両からも見えるこの位置で

良いアクセントになっていますね。

スポンサーリンク

レガシィアウトバックの外装

続いてアウトバックの方も見ていきましょう。

Limited限定装備

もちろんこちらにも

Limited限定の装備があります。

・サイドクラッディング

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/design/exterior.html

サイドクラッディングに

メッキの装飾が施されています。

上の写真でも前輪付近にアウトバック

の文字が刻まれているのがわかると思います。

こういった細かい装飾もいいですね。

・フロント&リアバンパーガード

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/design/exterior.html

フロント部分に樹脂製のガードを

取り付けています。

アウトバックのフェイスに一味加えていて、

車全体に良い影響を及ぼしている印象です。

ディーラーオプション

アウトバックの方のディーラーオプションも

続けて見ていきましょう。

・カーゴスッテプパネル

・ボディサイドモールディング

・ホイールアーチトリム

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/design/exterior.html

SUVのトレンドだという樹脂による装飾が

施されてますね。カーゴステップパネルは、

バックドアを開けるとすぐに見える部分にあり、

ボディのクリアな色だけでない

新たな感覚をもたらしてくれますね。

ボディサイドモールディングは、

装飾の少ないサイドの部分の

良いアクセントとなり、車全体のバランスを

良い状態に保ってくれるように感じます。

また、樹脂製のホイールアーチトリム

がタイヤ周りの輪郭を

はっきりさせてくれていますね。

ディーラーオプションを

装備した全体像が見られないのは

とても残念ですが、大まかな

イメージは掴んで頂けたでしょうか?

今回はレガシィの外側に迫ってみました。

エクステリアはディーラーオプション以外にも

ヘッドランプ、サイドミラー、ホイール

などなど自分で購入してもっともっと

こだわれることがありますので、

ぜひ購入したらチェックして見てください。

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする