レガシィB4のアクセサリーおすすめや電源、ソケットを紹介!

レガシィB4は長年愛され続けている

スバルを代表するセダンです。

今回はそんなレガシィB4の

アクセサリーについて紹介していきます。

アクセサリーと言っても、

インテリアやエクステリアだけでは

ありませんよ。

アクセサリー電源は?

アクセサリー電源とは?

早速知らない単語が出てきたなって思った人も

いると思います。アクセサリー電源とは

簡単に言うと車内で使う電源だと言えます。

ここでいうアクセサリーには

普段よく用いられる装飾品という意味はなく、

付属品という意味が強いです。

カーナビやETC用の装置、

防犯などのため最近はやりの

ドライブレコーダーに至るまで、

車で電気を使いたいことはよくありますよね。

これらの機械を取り付ける時に

アクセサリー電源はもっともよく使われます。

引用:https://www.amazon.co.jp/

車には他にも、常に電気を流し続けている

常時電源や、車のライトと連動していて

オーディオの夜間の照明などに使われる

イルミネーション電源などがあります。

レガシィB4のアクセサリー電源は、

スタートボタンを一回押すと

スイッチオンの状態になります。

そのため、ナビやドライブレコーダーとの

相性がいいですね。

常時電源なんかだと

常に電源が入っていることになり、

バッテリーなんかが

すぐダメになってしまいそうですし、

ナビとかを少し操作したい時に、

いちいちエンジンを

フル稼働しなければならないのは

大変ですよね。

そう言った理由でON、OFFのしやすい

アクセサリー電源が選ばれています。

アクセサリー電源の取り方

アクセサリー電源はなんとなくわかったが

どうすれば使えるの?と思っている人も

多いはず。

アクセサリー電源を取る方法は

いくつかあります。

1.ヒューズボックス

引用:http://d.hatena.ne.jp/takopons/20090212/1234386011

この方法が有名かつ簡単な方法で、

初心者にだってオススメできます。

詳しいやり方はこの下で紹介しています。

2.オーディオ裏

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/special/photo.html

この方法はヒューズボックスに続いて比較的

よく知られている方法です。

とは言え、オーディオ周りの

複雑になっているパネルを

取り外さなければならないので、

こちらは初心者にはあまり向かないですね。

しっかりと取り外せたならば、

周囲にアクセサリー電源の他にも、

常時電源なども繋げられる配線があるので、

わかっている人にとってはおすすめできます。

また、エンジンに関わるような

走行に影響する線はないので、

安心して使えるはずです。

電源を使ったらエンジンが

動かなくなってしまった、

と言ったことになってしまったら

笑い事では済まされませんよね。

3.アクセサリーソケット

引用:https://autoc-one.jp/knowhow/5000722/

アクセサリーソケットを取り外すと、

裏に太くて安定した配線があります。

しかしここの配線はバッテリーやエンジンに

影響を与えてしまう可能性があるので、

素人がやると危険が大きいです。

そのため、ここではなく

ヒューズボックスがおすすめです。

アクセサリーソケットは本来の用途として

車内の電源として役に立ちます。

レガシィB4のアクセサリーソケットは

12Vの直流で、

引用:https://www.amazon.co.jp/

写真のような器具を使えばスマホの充電など

さまざまな方法で用いることができます。

車での移動中に一緒に充電ができたりして

とても便利ですね。

ヒューズボックスのアクセサリー電源

それではヒューズボックスを使った

アクセサリー電源の取り方を

見ていきましょう。

1.ヒューズボックスの取り出し

まずはヒューズボックスを取り出します。

形式によって変化している可能性が

ありますが、レガシィのヒューズボックスは

運転席側の収納ポケットの奥にあります。

引用:https://www.amon.co.jp/diy/index.php?mode=contents&diy_id=91

そうすると、このような

ヒューズがたくさんある部品が出てきます。

引用:http://d.hatena.ne.jp/takopons/20090212/1234386011

2.ACC電源のあるヒューズを探す

いくつもあるヒューズのなかに

ACC電源となるヒューズが1つあります。

他にも常時電源となるヒューズもあります。

探し出すのに検電テスターを使います。

      引用:https://www.monotaro.com/

これを使えば電気が流れているところに

反応してくれます。

探すときはまず、スタートボタンを

一回押します。

引用:https://item.rakuten.co.jp

するとアクセサリー電源がONになるので、

テスターが反応します。

その後、エンジンを切ったときに

テスターの反応がなくなったヒューズが

アクセサリー電源になります。

常時電源はエンジンに関係なくついている

ので、反応が変わったりしませんよね。

3.ヒューズを引っこ抜く

アクセサリー電源となるヒューズがわかったらそれを引っこ抜きます。

引用:https://www.diylabo.jp/basic/basic-02-2.html

その時のヒューズに番号が

書いてあるのですが、

それが電流のアンペアになっています。

4.ヒューズ電源を用意する

引用:https://www.amazon.co.jp/

ヒューズ電源を用意するのですが、

ヒューズと同形状、同アンペア

である必要があります。

アンペアは先ほどのヒューズに

書いてあるやつですね。

レガシィのヒューズの形状は「低背

となっていますので、

間違えないように気をつけてください。

まず検電テスターで測ってから

それにあったヒューズ電源を購入する

という流れですね。

5.電極を調べて向きを合わせる

ヒューズを抜いたところを見ると

2つの電極があるのがわかります。このうち

テスターを当てて反応するのが電源側です。

ヒューズ電源の方にも

向きが書いてあると思うので、

それに合わせて差し込めば完成です。

なかなか必要なものも多く

大変かもしれませんが、

初心者にはこの方法が一番簡単で安全です。

金属と当たって車がショートしてしまう

といった心配も必要ありませんよ。

アクセサリー おすすめを紹介

ここからはアクセサリーの意味が、

よく使われるインテリアやエクステリアなどの

装飾品と言った意味になっています。

レガシィB4のアクセサリーの中から

オススメを紹介していきますね。

エクステリア

・ボディサイドモールディング

引用:https://www.subaru.jp/accessory/legacy/exterior/

22680円

本来ならば、あまり装飾がなく

フラットなボディサイドに、

遠くからでもよく目立つであろうアクセントが

加えられていますね。

レガシィB4のフォルムに合わせた

スマートなデザインが、セダンの素晴らしさを

より引き立てているようです。

・フロントバンパースカート

引用:https://www.subaru.jp/accessory/catalog/pdf/legacy_acc-navi-audio.pdf

59400円

これによってフロント部分の輪郭が

くっきりとします。

これをつけていない場合だと、

フェイスの輪郭あたりがぼやけていて

丸みを帯びた感じがありますが、

かくっとしたかっこいい雰囲気を

獲得できます。フェイス部分は

車全体の印象を決めると言っても

過言ではないので、

かっこいいレガシィを目指しているなら

ぜひつけたいものですね。

・フロントグリル

引用:https://www.subaru.jp/accessory/catalog/pdf/legacy_acc-navi-audio.pdf

41580円+別売品

こちらもフロント部分の

アクセサリーとなっています。

メッシュ構造により中心の

スバルマークがよく目立ちますね。

グラデーションのような立体感を

創り出していて、車全体に厳格さが

追加されたように感じます。

やはりフロント部分をカスタムすると

よりかっこよくなったように感じますね。

引用:https://www.subaru.jp/accessory/legacy/exterior/

インテリア

・コンソールパネルセット

引用:https://www.subaru.jp/accessory/legacy/interior/

37800円

シルバーメッキ+ピアノ調の

コンソールパネルセットです。

他のインテリアもこの組み合わせが多いので、

車内、特に運転席周りの統一感が

より強化されますね。

・インパネ&ドアパネルセット

引用:https://www.subaru.jp/accessory/legacy/interior/

56160円

・インナードアパネル

引用:https://www.subaru.jp/accessory/legacy/interior/

44280円

この2つをセットにするとお得な料金で

購入することができますよ。

レガシィB4の内装色に合わせて

ブラックアイボリーの2種類が

用意されています。

ブラックは黒と銀の2種類の輝きが

絶妙にマッチしていますね。

アイボリーはこの色の持つ開放感を

ブラックとは違ったパネルのテクスチャーで

増大させているようです。

レガシィB4のアクセサリーは、

純正ではないものも合わせれば

まだまだたくさんあります。

アクセサリーには車を変える可能性が

秘められているので、

追求してみてはいかがでしょうか。

これを知らないあなたは〇〇万円損してる!?

車を買い換えたいな!

けど家計のこと考えると余裕が・・・

そんなあなたに必見の方法が

楽天オートです。

ディーラーに下取りでの下取りよりも

最大で50万円以上

高く買い取ってもらえるので

知らなかった人よりも

何十万円も得することになりますよ

早速査定して、今のあなたの愛車の

正しい価値を見てみましょう!

↓安心の楽天運営↓

関連記事はこちら

レガシィB4で車中泊→

レガシィB4の内装に迫る→

レガシィB4のカラーはどんな感じ?→

レガシィB4の不具合リコール情報まとめ→

レガシィB4のスペックや乗り心地情報→

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする