レガシィB4の後部座席の快適さや荷室容量!車中泊はどう?

レガシィB4といえば、スバルを牽引してきた

プレミアムセダンですね。

今セダンの人気は海外に移りつつありますが、

日本でも比較的年齢の高い世代から

まだまだ支持されています。

そのためプレミアムセダンといえども、

走りだけでなく車内環境の良さも

重要になってきますね。

そこで今回はレガシィB4の後部座席の快適さや

車中泊について見ていきます。

内装についてはこちらで触れています

レガシィB4の後部座席

レガシィB4の後部座席を見ていきましょう。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/interior.html

カラーはお馴染みのブラックアイボリー

用意されています。

ブラックは下から上まで統一され、

ドア部分にあるシルバーラインが輝き、

良いアクセントになっていますね。

アイボリーは、床部分の黒と対比され、

より一層華やかで明るい印象を

与えてくれています。

色の統一はされていなくても、

車内全体ではうまく調和している

いいカラーですね。

レガシィB4のエクステリアカラーについてはこちら

シートの材質にはファブリックと

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade1

本革が用意されています。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade2

ファブリックは機能性と丈夫さ

メインになっています。

布素材なので座席部分に凹凸があり

通気性が抜群です。また本革よりも

破れたり傷ついたりしにくい

丈夫さがあります。

一方、折り目のところにチリやホコリが

入り込むと、取り除くのがなかなか困難で

汚れやすいという欠点があります。

本革はシートは機能としては

ファブリックに負けるかもしれませんが、

質感や高級感で言ったら圧勝です。

確かにファブリックは車のシートとしては

適していますが、

本革シートにしかない高級感は

その差を補って余りあると思います。

だから10万円高くても選ばれるんですね。

光が当たった時にいい具合に反射して輝く

本革シートはとても満足させてくれますね。

車内幅が1545mmとなっており、

後部座席に3人乗っても一人約50cmで

余裕があります。チャイルドシートをおいても

十分広々として使える車幅があるのは、

ファミリーにとってはとても嬉しいですね。

足元を見てみると、大人が座っても

しっかり足を動かせる空間が広がっていて、

快適な後部座席といえるのでは

ないでしょうか。

引用:http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-623.html

後部座席にも簡単に操作することができる

エアコンが設置されています。

こう言った設備によって、

レガシィB4の後部座席の快適さは

より上げられていますね。

レガシィB4の後部座席を中心に

車内の快適さを見てきました。

後部座席に乗る人を考え、

セダンといえども十分な幅と空間を

作り出しているところは、

さすがはレガシィですね。

もしこれでも「満足出来ない」

と言うことでしたら、

追加オプションという形で

アレンジして見てはいかがでしょうか。

こちらの記事ではレガシィB4のカスタムについて紹介しています。

荷室容量は?

セダンであるレガシィB4の荷室容量は

一体どれくらいでしょうか?

ここからは、ラゲッジスペースを

メインに見ていきます。

大きさ

引用:http://www.chubu-jihan.com/subaru/news_list.php?page=contents&id=57

バックドアを開けるとセダンとは思えない

驚きの広さが待っています。

メインスペースの容量は525Lと

なっており、セダンの他のライバル車種を

寄せ付けず、ワゴン並みの広さを

誇っています。車の構造上荷室の入り口を

大きくすることは難しいのですが、

中は車幅を限界まで使い

荷室の幅を確保していますね。

さらに、後部座席を

倒すことができる構造なので、

最大2m近くの長さのものもしっかりと

しまうことができます。

ゴルフバッグを4つも収納できるそうですよ。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/utility/comfort.html

525Lの大型トランク以外にも

サブトランクとしては大型の

18Lサブトランクが床下スペースに

あります。ちょっとした不具合に

対処するために必要な工具などを

汚れを気にすることなく収納できますね。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/utility/comfort.html

写真のようにシートごとに倒すことのできる

トランクスルーによって、

荷物の大きさや乗っている人など

様々な状況に合わせて収納できますね。

ラゲッジスペースのオプション

ラゲッジスペースをより便利に、

より綺麗に使うためのオプションも

スバルでは豊富に用意されています。

・オールウェザーカーゴカバー

17280円

・トランクマット

14040円

・カーゴステップカバー

引用:https://www.subaru.jp/accessory/legacy/interior/

11880円

オールウェザーカーゴカバーや

トランクマット、カーゴステップカバーを

使えばトランクを汚れから

守ることができます。

汚れたものを入れる機会が多い人には

ぴったりですね。

・カーゴレール&フック

引用:https://www.subaru.jp/accessory/legacy/interior/

23760円

カーゴレール&フックなら

普通のトランクだったら入れにくいものも

固定することができます。

・カーゴトレーマット

引用:https://www.subaru.jp/accessory/legacy/interior/

21060円+別売品

カーゴトレーマットは

後部座席を倒した状態でも使うことができ、

防水性能に優れています。

スノーボードなど濡れた大きいものを

入れるのにとても便利ですね。

レガシィB4のラゲッジスペースは

大容量のトランクだけでなく、

座席周りにも細かい収納スペースが

存在していて、総じて

使い勝手が良いと言えます。

さらに、豊富なオプションによって

さまざまなニーズにも対応していて

素晴らしいですね。

こちらの記事でレガシィB4の他のオプションについても紹介しています。

車中泊について

引用:http://www.shachu-haku.com/subaru_legacy.html

*画像はツーリンクワゴンのものです

最後に車内の快適さと言うことで、

車で泊まる車中泊について見ていきましょう。

結論から言うと、レガシィB4での車中泊は

あまりオススメできません。

一人で寝るのであればまだできると思うので、

車の一人旅なんかには使えると思います。

同じレガシィのアウトバックの方が適していますね。

そんなアウトバックの車中泊についてはこちらの記事で

レガシィB4はセダンには珍しく、

後部座席を倒すことができるので、

フラットな形状に近づけることができます。

しかし大人が助手席に乗ると、

グローブボックスが足に当たってしまい

快適さが欠けてしまいます。

運転席側に作るのがベストでしょう。

シートを使って寝床を作るので、

必需品は何と言っても

マットクッションです。

引用:https://www.amazon.co.jp/

レガシィB4のシートは、

一晩しっかり寝るにしては硬いので、

寝るためにはマットが必要です。

厚いマットの方が快適なのですが、

その分場所を取るので、車の荷物と相談して、

持ち運びが便利なタイプにするのも

いいですね。

引用:https://www.amazon.co.jp/

車のシートは基本的に寝ることを

考慮していないので、凹凸が目立ちます。

デコボコしていると当然寝にくいですよね。

マットではカバーしきれないところを

クッションで補います。

身長が大きい人でも足置きがあれば、

なんとかフラットな寝床を

獲得できるはずです。

やはりレガシィB4はセダンですので、

かつてのツーリンクワゴンや

SUVのアウトバックに比べると車中泊は

しにくいですね。

確かに寝る事には適していない

かもしれませんが、

走っている時にはシートにも

ラゲッジスペースにも快適ななるための工夫が

いくつも詰まっているので、

ぜひレガシィB4と一緒に走ってみて下さい。

これを知らないあなたは〇〇万円損してる!?

車を買い換えたいな!

けど家計のこと考えると余裕が・・・

そんなあなたに必見の方法が

楽天オートです。

ディーラーに下取りでの下取りよりも

最大で50万円以上

高く買い取ってもらえるので

知らなかった人よりも

何十万円も得することになりますよ

早速査定して、今のあなたの愛車の

正しい価値を見てみましょう!

↓安心の楽天運営↓

関連記事はこちら

レガシィB4で車中泊→

レガシィB4の内装に迫る→

レガシィB4のカラーはどんな感じ?→

レガシィB4の不具合リコール情報まとめ→

レガシィB4のスペックや乗り心地情報→

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする