スバルレガシィB4vsマツダアテンザセダン徹底比較!どっち?

現在の日本では確かに、

セダンの人気は全盛期の頃に比べると

低下しています。

しかし、それでもセダンが好きだ、魅力を感じる

という人は絶対にいると思います。

というわけで今回は、世界中で売れている

日本を代表するセダンである

スバルのレガシィB4と、

マツダのアテンザセダンを比較していきます。

アテンザセダンにはクリーンディーゼルの

グレードがあるのですが、

レガシィB4がガソリン車であるので、

今回はガソリン車のグレードのみの

比較をしていきますね。

スペック

まずは簡単に基本スペックを見ていきましょう。

数字から見て取れることって多いんですよね。

主なスペック

レガシィB4

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/special/photo.html

寸法

車長・・・・・・・・・4800mm

車幅・・・・・・・・・1840mm

車高・・・・・・・・・1500mm

ホイールベース・・・・2750mm

定員・・・・・・・・・5人

総重量・・・・・・・・1815kg

性能

燃費(jc08モード)・・14.8km/L

最小回転半径・・・・・5600mm

エンジン

総排気量・・・・・・2498cc

燃料タンク容量・・・60.0L

最大出力・・・・・・129/5800(kW/rpm)

最大トルク・・・・・235/4000(N・m/rpm)

燃料種類・・・・・・無鉛レギュラーガソリン

アテンザセダン

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/design/?link_id=ftft

寸法

車長・・・・・・・・・4865mm

車幅・・・・・・・・・1840mm

車高・・・・・・・・・1450mm

ホイールベース・・・・2830mm

定員・・・・・・・・・5人

総重量・・・・・・・・1510kg*

1540kg

性能

燃費(jc08モード)・・16.6km/L*

14.8km/L

最小回転半径・・・・・5600mm

エンジン

総排気量・・・・・・・1997cc*

2488cc

燃料タンク容量・・・・62.0L

最大出力・・・・・・・115/6000(kW/rpm)*

140/6000(kW/rpm)

最大トルク・・・・・・199/4000(N・m/rpm)*

252/4000(N・m/rpm)

燃料種類・・・・・・・無鉛レギュラーガソリン

*がついているのは2.0Lエンジン車で、

ついていないのが2.5Lエンジン車です。

サイズ感は、アテンザセダンの方が

車長が長くて車高が低いので、

よりすらっとした印象をもたらしますね。

定員は当然どちらも5人で、車幅もどちらも

1840mmなので後部座席に3人座っても

大丈夫でしょう。

さすがは海外にも向けて

作られているだけのことはありますね。

スポンサーリンク

燃費はアテンザセダン!

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/design/?link_id=ftft

燃費で言ったらアテンザセダンですね。

レガシィB4のエンジンも2.5Lなので、

アテンザセダンの2.5Lモデルと比べると互角。

しかもレガシィの駆動方式がAWDで

アテンザセダンは2WDであることや、

車体の総重量が約300kgも

違うことを考えると、さすがはスバルです。

しかしながらレガシィのグレードは

2つしかなく、その違いがシートや

エクステリアと言った装飾部分でのもので、

エンジンなどには変化がありません。

一方でアテンザセダンの方は、ガソリン車にも

2.0Lと2.5Lがあり、2.0Lの方は

レガシィよりも2km/Lほど優れています。

さらに、ここでは紹介しないのですが、

アテンザのディーゼルモデルは

燃費が約20km/Lであり

レガシィを凌駕しています。

総合的に考えるとやはりアテンザセダンですね。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/special/photo.html

乗り心地はレガシィB4ですね。

レガシィのプラットフォームは

シンメトリカルAWDと言って、

低重心を追求し、さらに前後左右に

重量のバランスがとれたものを使っているため、

安定性が抜群です。

AWDの力強さやどんな路面でも対応する

柔軟さも兼ね備えているので、

乗り心地ではアテンザは敵わないでしょう。

スポンサーリンク

安全性能はレガシィB4!

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/safety/safety2.html

安全技術は人を乗せて走る車にとって

とてつもなく重要です。

もちろんどちらの車にも安全装備があります。

レガシィにはアイサイト、

アテンザにはi-ACTIVSENSEと言った先進技術で

ドライバーや歩行者の安全を守ります。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/safety/?link_id=sbnv

このレガシィのアイサイトは、

世界でもトップクラスの性能を誇ります。

i-ACTIVSENSEはレーダーとカメラを使って

対象を検知するのに対して、

アイサイトはステレオカメラという

前方に取り付けられたカメラのみで

歩行者や障害物と言った対象を

検知することができます。

人間の目により近いということですね。

自動ブレーキやドライブアシストなど

どれも今のところは

アイサイトの方が優れていると言えますね。

スバルは早くから安全技術の研究をしており、

そのおかげもあってかスバル車の安全性能は

水準が高くなっています。

ほぼ全てのグレードで

アイサイトは標準装備なのも嬉しいですね。

安全技術は日進月歩なので、

どんどん性能が上がっていきます。

事故がなくなる日も近いかもしれませんね。

スポンサーリンク

インテリア比較

2車種のインテリアを比べていきましょう。

内装には車それぞれの個性が強く出てくるので、

比較してみると新しいことが

発見できるはずですよ。

レガシィB4

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/interior.html

インテリアで一番最初に目が行くのは、

色合いでしょう。

レガシィB4の車内カラーは、

ブラックとアイボリーの2色です。

ブラックには洗練されたかっこよさが、

アイボリーには華やかさや開放感がありますね。

運転席周りがシンプルで

すっきりとした構造になっているので、

前部座席は想像以上の広さを

感じることができるでしょう。

アテンザセダン

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/interior/interior1/?link_id=sbnv

アテンザセダンの車内カラーは

オリエンタルブラウン、ピュアホワイト、

クロスブラックの3色です。

カラーバリエーションでは優っていますね。

ドア周りの作り込みや,

シートなど車内各所に

アクセントとして施されたメッキと言った

細部のこだわりが、どのカラーでも

上質な空間を作り上げていますね。

存在感があり、それでいて

ごちゃごちゃした感がしない

ハンドル周りの装飾もgood!

価格比較

レガシィB4

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade2

ベースグレード・・・3024000円

Limited・・・・・・ 3240000円

これら2つにはスペックの違いはありません。

シートと言った装飾がメインで変わっています。

アテンザセダン

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/design/

2.0Lガソリン車 ・・・2829600円

2.0Lガソリン車*・・・2959200円

2.5Lガソリン車 ・・・3542400円

*はPROACTIVE

2.0Lの方はレガシィよりも

安くなっていますが、

レガシィのエンジンと同じ2.5Lの方になると

こちらの方が割高になっています。

レガシィB4の方が比較的に

リーズナブルだと言えますね。

比較まとめ

皆さんはどちらの車を買いたくなりましたか?

どちらの車にもより優れているところは

あります。最近は、海外向けての販売が

主要になってきているとは言え、

日本の車は日本の道を走るのには

当然適しています。

走行性能重視のアテンザセダンでも、

安全性重視のレガシィB4でも、

気になる車があったらぜひ試乗してみて下さい。

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする