スバル・レガシィB4の口コミは?評価、評判を多角的に紹介!

増税は待ってくれない!

消費増税が10月に迫ります。

車とか高級なものになると

万単位で損してしまいますよ。

 

楽天で今乗っている愛車を売却して

奥さんへのラスト一押しをしてみて下さい!

査定するだけなら無料です。

金額を見せればOKしてくれるかも♪

>>確かな安心!楽天の中古車査定

スバルのおなじみの人気車レガシィの口コミ

評価をまとめてみました!

人気車といえども良い口コミだけでなく、

悪い口コミも一定数存在するようです。

感じ方は人それぞれですし

口コミが多いということは

それだけ多くの人が乗って

いるってことですよね。

レガシィアウトバックの口コミについてはこちら

レガシィの良い評判を紹介

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/special/photo.html

何と言っても長年愛され続けている

スバル・レガシィ。

もちろん良い口コミが多く寄せられています。

その一部を紹介していきたいと思います。

  • これといった特徴は無いですが、走る、曲がる、止まるという車の基本性能がしっかりとした質実剛健という言葉が合う車だと思います。スバル車は初めてでしたが、特筆すべきは走行性能で、以前はT社の車に乗っていましたがここまでいい走りをするのかと驚きました。燃費や内装のビビり音などもう少し頑張ってほしい点はありますが、総じて良い車だと思います

  • 優秀な足回りや破格価格でのアイサイト搭載(社外アルミに制限がつきますが・・)等総合的に判断すると良いとは思います

  • これといった特徴のないセダンですが、全てにおいてトータルバランスの高い大人のラグジュアリーセダンです。

  • 同クラスのライバル車種はいくつかありますが、コストパフォーマンスは一番高いと思います。純正オプションが多いのも魅力ですね。街中で、すれ違うこともめったにないのもいいですね。

  • ラグジュアリー性、スポーツ性を共に進化させ、アイサイトによる安全性をも獲得させた究極の優等生セダン。しかも抜群のコストパフォーマンス。乗ってみれば、そんじょそこいらのセダンがシッポ巻いて逃げだすくらいに素晴らしく走りのいいヤツだってことが分かる筈。
    とにかく、まあ一度乗ってみてください。話はそれからです。

  • 常に挑戦しているスバルらしさを全面に出したクルマであることを改めて実感できると思う。
    自分やこのクルマに乗る家族の人生を高めてくれると思えるし、B4のボディサイズが自分の駐車場で許容できるならオススメ出来る一台だと思う。

  • 総合的に見るととてもバランスの取れた車です。長く乗ってもいいかなぁと思わせてくれます。

  • ステアリングの反応がよく運転が楽しいです。

  • 高級感あって今までのレガシィのイメージと違うのが良いです!

  • 新型ダンパー「スタブレックス・ライド」がついており、滑らかな乗り心地と静粛性をもたらしてくれます。とにかくビルシュタインのバンパーが時代遅れに感じるぐらい素晴らしいダンパーだと思います。乗り心地は極めて快適ですがフワフワした感じはなく、しっかりと足が動いているという感じです。

  • 大柄なボディでパワー的にはスポーツ走行は期待できませんがゆったり優雅に乗るには最高の車で今までのスバルに無い大人の雰囲気です。

  • 非常に完成度の高い車であり、BL・BP乗りの方たちが次の車に迷うことがよくわかります。

  • アイサイトは秀逸です。プリクラッシュの第1警報で時々自分の運転のいい加減さを思い知らされます。

  • ターボが必要ないほど力強く、日常で使う点では全く問題ありません。

  • 素晴らしいの一言!4WDの持ち味がしっかり出ています!街乗りでは少し踏むだけでもグイグイ加速していくので楽です!

  • ステアリング動作については素直に追従してくれる感じです。ブレーキもロータもそこそこ大きいためか良く効きます。足も固い方で、路面状況も捉え易くカッチリ走ってくれます。

  • なんだかんだって一番気に入っているかもしれません。フロント周りのマイナーチェンジが効果的。マイチェン前のB4はどちらかと言えばスッピン顔で、それはそれで良かったのですが、マイチェンで明らかにメーク顔になり、しかもアイラインを濃くして彫りが深くなった印象です。面構えの迫力はかなり増しました。

レガシィの良い口コミを紹介してきました。

全体的に見ると、レガシィB4は

エンジン性能であったり、走行性能に高評価を

つけている購入者が多くなっていました。

さらにレガシィB4に搭載されているアイサイト

について絶賛している人が多い印象でした。

スポンサーリンク

レガシィの悪い口コミは?

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade2

もちろん良い評価だけではありません。

悪い評価も少ないながらも存在します。

悪い評価からも何かが、

見つかるかもしれませんよ。

  • ステアリングフィール、中立が重め…舵を切ると保舵感が消える。曲がった後もSATが自然に出ず、うまくステアリングが戻らない。それでいてやたらとクイックレシオ…運転が下手になったと感じてしまう。

  • 足回り、硬すぎる。ストローク感のかけらもなく粗雑で懐の浅い神経質な足。路面の凸凹をやうねりをそのまま拾って乗員が揺すられる。とにかくリアサスが動かず比較的柔らかいフロントが沈み、段差を越えるといつまでもピッチングの揺れが続く。走り屋のあんちゃんが勝手にチューニングした車に乗った時の事を思い出した。

  • 乗り出し400万円前後の車としては内装質感が、かなり低いです。ダッシュボード、ピラー、フロントシート裏側、ステアが100万円台前半の車と同じでプラスチッキーです。天井も安ものです。目に付く場所の質感が低いです。

  • フラグシップなのに噂でいわれていたほど「こだわりのつくり」を感じませんでした。

  • シートが腰に悪い!実際腰痛になりました。レカロに変更し、腰痛から開放されホッとしてます。

  • 電子制御の感覚が満載。ダイレクト感がなく一定角度のカーブでも都度ハンドルの修正を求められます。だから、結果として良く曲がっても、どれだけ切ればコーナーが決めるのか、どこが限界なのか、わからず、スピード出してスポーティに曲がるのは少し恐い感じがします。

  • 私もこの車は特に後席には人を乗せたくない。

  • ステアが不自然です。さらに、高速になるに従って緩くなってしまう感じのステアの設定や、ロールと荷重移動に頼りすぎて、反応が鈍いコーナリングなどに不満があります。

  • 悪天候時のAWD、総合的安全性、広さは評価できるが他は大きな不満が残りました。エンジン出力やビルシュタインが生かされていないのがA-B型だと思います。

  • シートのホールド性が全く無くなった。前型のBRはセミバケ程ではないがサイドが盛り上がっていてバケットのようにピシッとなってホールド性が良かった。今回はシートが平たくなってデブには良いかもしれないがガリにはケツがそわそわ落ち着かない。

このように悪い評価の口コミは

存在したのですが、その数は本当に少なく、

ほとんどが良い評価で正直驚きました。

それだけ良い車なのでしょうね。

スポンサーリンク

レガシィの口コミ、評価まとめ

これまで、良い評価と悪い評価に分けて

紹介してきました。

実際に口コミによる評価を見て見ると

多くの人が総合評価で

5段階中5の評価をつけています。

さらに、平均しても

4.5と高い評価となっています。

総合的には高評価のこの車ですが、

乗り心地に不満を持っている人が

一定数存在します。

乗り心地はその人の性別や体格、

車に何を求めるのかなどによって

大きく感じ方が変わると思いますので、

仕方ない部分もありますね。

実際今のレガシィB4のシートは、アメリカなど

海外に向けて作られているので、

日本人にとっては大きすぎると感じることが

多いと思います。

価格に関しては高評価が目立ちました。

この価格での販売にしては

高級感を感じられたり、

走りが良いっていう印象なんでしょうね。

人気車であるレガシィはやはり

高評価が多くありましたね。

全ての人に高評価を受けることは

対象が人である以上難しいと

思いますので、万人受けする車

と言えるのではないでしょうか。

私も是非乗ってみたいですね!

これを知らないあなたは〇〇万円損してる!?

車を買い換えたいな!

けど家計のこと考えると余裕が・・・

そんなあなたに必見の方法が

楽天オートです。

ディーラーに下取りでの下取りよりも

最大で50万円以上

高く買い取ってもらえるので

知らなかった人よりも

何十万円も得することになりますよ

早速査定して、今のあなたの愛車の

正しい価値を見てみましょう!

↓安心の楽天運営↓

関連記事はこちら

レガシィB4で車中泊→

レガシィB4の内装に迫る→

レガシィB4のカラーはどんな感じ?→

レガシィB4の不具合リコール情報まとめ→

レガシィB4のスペックや乗り心地情報→

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする