スバルレガシィアウトバックvs日産エクストレイル徹底比較!SUVどっち?

増税は待ってくれない!

消費増税が10月に迫ります。

車とか高級なものになると

万単位で損してしまいますよ。

 

楽天で今乗っている愛車を売却して

奥さんへのラスト一押しをしてみて下さい!

査定するだけなら無料です。

金額を見せればOKしてくれるかも♪

>>確かな安心!楽天の中古車査定

SUVは最近も大人気ですね。

レガシィなんかは海外展開も

大々的にやっていて、

アウトバックのアメリカなどの北米での人気は

凄まじいですね。日本で見ると、

エクストレイルの方が

断然売れていると言えますね。

今回はスバルと日産のSUV車を

徹底比較していきます。

エクストレイルには2WDと4WDの2つが

選べるのですが、SUVであることや

レガシィアウトバックがAWDであることを

考えて、4WDの方のみを

見ていきたいと思います。

またハイブリット車のグレードも

あるのですが、今回はガソリン車同士の

比較とします。

価格

まずはそれぞれのグレードと価格を

みていきましょう。

レガシィアウトバック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade2

ベースグレード・・・3294000円

Limited・・・・・・ 3564000円

2つのグレードに性能的違いはありませんが、

アクセサリーやオプションが異なっています。

レガシィアウトバックの費用はこちら

エクストレイル

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

20S ・・・・・・・・2404080円

20X ・・・・・・・・2827440円

20Xi・・・・・・・・3009960円

モードプレミア・・・・3299400円

エクストレイルの下位グレードと

レガシィアウトバックの上位グレードとでは

100万円以上の差がありますね。

価格の安さで言ったら

エクストレイルの方がいいですね。

エクストレイルは

色々とグレードがありますが、

オススメは20Xiですね。

20Sは価格が安くなっている分、

装備がいろいろと

省かれすぎているように感じます。

モードプレミアに関しては、

20Xと走りなどは変わらず、

アクセサリー類が充実しています。

しかし値段の差を考えると、後から自分で

追加オプションとしてやった方がいいですね。

20Xと20Xiの違いは、

20Xiの方には20Xには搭載されない

最新技術が搭載されている点です。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/safe.html

安全装備による違いは値段以上に大きいです。

後からつけることも

ほとんど出来ないですものね。

ここからの比較では、

エクストレイル20Xiでやっていきますね。

スポンサーリンク

基本スペック

2つの車の主なスペックを見ていきましょう。

レガシィアウトバック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/special/photo.html

寸法

車長・・・・・・・・・4820mm

車幅・・・・・・・・・1840mm

車高・・・・・・・・・1605mm

ホイールベース・・・・2745mm

トレッド(前)・・・・1575mm

トレッド(後)・・・・1590mm

最低地上高・・・・・・200mm

車内長・・・・・・・・2030mm

車内幅・・・・・・・・1545mm

車内高・・・・・・・・1240mm

定員・・・・・・・・・5人

性能

燃費(jc08モード)・・14.8km/L

最小回転半径・・・・・5500mm

エンジン

FB25

水平対向4気筒

2.5ℓ DOHC 16バルブ AVCS

総排気量・・・・・・2498cc

ボア・・・・・・・・94.0mm

ストローク・・・・・90.0mm

圧縮比・・・・・・・10.3

燃料タンク容量・・・60.0L

最大出力・・・・・・129/5800(kW/rpm)

最大トルク・・・・・235/4000(N・m/rpm)

燃料種類・・・・・・無鉛レギュラーガソリン

エクストレイル20Xi

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

寸法

車長・・・・・・・・・4690mm

車幅・・・・・・・・・1820mm

車高・・・・・・・・・1740mm

ホイールベース・・・・2705mm

トレッド(前)・・・・1575mm

トレッド(後)・・・・1575mm

最低地上高・・・・・・205mm

車内長・・・・・・・・2005mm

車内幅・・・・・・・・1535mm

車内高・・・・・・・・1270mm

定員・・・・・・・・・5人

性能

燃費(jc08モード)・・15.6km/L

最小回転半径・・・・・5600mm

エンジン

MR20DD

DOHC筒内直接燃料噴射直列4気筒

総排気量・・・・・・1997cc

ボア・・・・・・・・84.0mm

ストローク・・・・・90.1mm

圧縮比・・・・・・・11.2

燃料タンク容量・・・60.0L

最大出力・・・・・・108/6000(kW/rpm)

最大トルク・・・・・207/4400(N・m/rpm)

燃料種類・・・・・・無鉛レギュラーガソリン

エクストレイルは車高が高く

車長が短くなっていますね。

レガシィアウトバックはSUVにしては

背が低く、低重心の車です。

エンジンを見てみると、単純な強さで言ったら

アウトバックの方が強いですね。

エクストレイルのエンジンは、

ボアよりストロークの方が長い

ロングストローク型なので、

排気量なんかが抑えられてますね。

スポンサーリンク

燃費はエクストレイル!

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance.html

AWDと言うのは車についているタイヤ全てを

動かして走る駆動形式で、

道路をつかむ感覚や走破力などは

とても素晴らしいのですが、

その分すべてにエネルギーを使うので、

燃費が悪くなる傾向があります。

AWDを買うと言う人は燃費をあまり気にしない

と言う人が多いですね。

そう考えると、レガシィアウトバックの

14.8km/Lも十分に燃費が良いと言えます。

そんな中、エクストレイルの燃費は

15.6km/Lとなっていますので、

AWDのガソリン車にしては

トップクラスと言えますね。

スポンサーリンク

カラーバリエーション比較

レガシィアウトバック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade2

レガシィアウトバックのカラーは上から

クリスタルホワイト・パール

アイスシルバー・メタリック

プラチナムグレー・メタリック

ダークグレー・メタリック

クリスタルブラック・シリカ

クリムゾンレッド・パール

ダークブルー・パール

ワイドネスグリーン・メタリック

タングステン ・メタリック

オークブラウン・パール

の全10色となっていますね。

エクストレイル

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

エクストレイルのカラーバリエーションは、

上から

プレミアムコロナオレンジ

ガーネットレッド

オリーブグリーン

ギャラクシーゴールド

インペリアルアンバー

シャイニングブルー

ブリリアントホワイトパール

ブリリアントシルバー

ダークメタルグレー

ダイヤモンドブラック

バーニングレッド

チタニウムカーキ

の全12色となっていますね。

カラーバリエーションは、

エクストレイルの勝利です。

それに、色のネーミングが

なんだかかっこいい感じがします笑

エクストレイルはゴールドなどレガシィと

雰囲気がガラリと変わった色もあります。

カラーバリエーションが豊富なほど

選択肢の幅が広がって嬉しいですね。

安全性能は?

アウトドア向きのSUV車である

レガシィアウトバックとエクストレイルに

とっても、安全性能は

最重要項目だと言えますよね。

どちらも各メーカーの先進安全装備が

ついています。レガシィアウトバックの方は、

全グレード共通ですが、

エクストレイルの方は20Xiのみに

装備されている技術も少なくありません。

同一車線自動運転やパーキングアシスト、

自動ブレーキなど事故を防止するための技術は

共に満載です。

レガシィのアイサイトや

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/safety/safety2.html

エクストレイルの

インテリジェント・エマージェンシーブレーキ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/safe.html

は予防安全技術の試験において、

最高ランクを獲得しています。

どちらも高性能なのは間違い無いですね。

優劣をつけるとしたら、カメラのみを使った

正確な検知や同一車線運転の速度が

高速道路において、渋滞から快走時まで

ほぼ全てをカバーしていることなどを考慮して

今の所はスバルのレガシィだと言えますね。

走行性能は?

まず数値から見て取れるのはホイールベースはアウトバックが2745mmで

エクストレイルが2705mmとなっていて、

長いほど直進時の安定性が増すので

アウトバックがの方が安定した直進が

しやすいということがわかります。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/リムジン

最小回転半径はアウトバックの方が小さく、

小回りが効きやすいということですね。

次にそれぞれのプラットフォームを

みていきましょう。

まずはレガシィアウトバック

シンメトリカルAWD

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/safety/safety1.html

重心が低くなっているのでそれだけでも

安定感が相当あります。

さらにシンメトリーな構造のため、

左右の重量バランスもしっかりとれています。

そのためAWDの特徴を生かし、

悪路でも安定した走りを実現させています。

続いてはエクストレイル

インテリジェント 4×4

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance.html

エンジンを踏むと同時にセンサー情報から

走行状態を判断します。

それに合わせて前後のエンジンの

強さの分配の割合を変えることで、

悪路での走破力を高めるとともに、

舗装された道路でも安定性を確保しています。

4WDと2WDのいいとこ取りを

しているようですね。

比較まとめ

いろいろな項目で比較してきましたが

いかがでしたでしょうか?

どちらに車にもメリットデメリットがあり

優劣つけがたいですね。

実際の見た目の好みが決め手となることも

よくあるので、どちらも見に行ってみて

試乗してみてはいかがでしょう。

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする