スバルレガシィの最新リコール情報をお届け!2018年9月13日

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ新車購入時のあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。

レガシィと言えばスバルの昔からの人気車で、

今もスバルを代表する

プレミアムセダンですよね。

しかし、不具合が多いのも事実ですね。

この間もレガシィは、

大々的にリコールをしていました。

今回は2018年最新のリコール情報を

お届けします。

最新リコール情報

2018年9月13日にまた新たに

レガシィのリコールが発表されました。

リコールがなかなか頻繁に起こっていますね。

最新リコール情報をお届けします。

対象車は以下のようになっています。

引用:https://www.subaru.co.jp/press/recall/2018_09_13_6243/

2009年4月20日から2014年9月5日までの間に

製造されたレガシィが12万台を超えて

リコールされています。

今回のリコールの原因となった不具合は、

電動パーキングブレーキと呼ばれる部品で

起こっています。

引用:https://www.subaru.co.jp/press/recall/

2018_09_13_6243/attachment/2018_0913_1z/

この部品の一部の強度が不足しているため、

車を普通に使っていても破損する恐れがある

とのことです。これが壊れてしまうと、

パーキングブレーキが

作動しなくなってしまったり、

低速運転時にドライバーが意図せずに

ブレーキが勝手にかかってしまう

ことがあります。ブレーキに関わることは、

一歩間違えれば大惨事になりかねませんよね。

不具合が200件以上報告されていますが、

今のところ事故は起こっていません。

修理内容は電動パーキングブレーキを

新しいものに取り替えると言うものです。

忙しいかもしれませんが、

取り替えるべきところがわかっているため、

修理はすぐに行われると思いますので

自分のためにも他人のためにも

対象車に乗られている方は

早急に修理に出してくださいね。

知り合いに、もしレガシィに

乗っている人がいたら教えてあげてください。

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする