レガシィB4の内側!内装、内装色、内寸を紹介

増税は待ってくれない!

消費増税が10月に迫ります。

車とか高級なものになると

万単位で損してしまいますよ。

 

楽天で今乗っている愛車を売却して

奥さんへのラスト一押しをしてみて下さい!

査定するだけなら無料です。

金額を見せればOKしてくれるかも♪

>>確かな安心!楽天の中古車査定

古くからスバルを牽引してきた

レガシィは、モデルチェンジを

繰り返して、今も現役で走っています。

このレガシィの魅力を語る上で、

無くてはならない要素である

内装について今回は掘り下げていきます。

内装は、外にいる他の人からは

ほとんど見えないかもしれませんが、

乗っている環境をより自分のものに

するためにも、ぜひこだわりたいですよね。

レガシィアウトバックの内装についてはこちら

内装を細かく紹介

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/special/photo.html

2018年8月現在の最新モデルの

2つのグレードについてみていきましょう。

2つのグレードの違い

現在のレガシィには

ベースグレードとリミテッドという

2つのグレードがあります。

この2つのグレードは

エンジンや駆動方式、最大出力といった

車のスペックは一致しています。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/safety/safety1.html

それでは何が違うのでしょうか?

その答えとなるのが、内装というわけです。

それでは2つのグレードの

それぞれの内装を詳しく見ていきましょう。

(ここでは標準装備についての紹介です。

自身でカスタマイズしていきたいという方は

↓↓↓内装改造へ↓↓↓)

ベースグレード

ベースグレードについて見ていきます。

まずは運転時に必ず見ることになる

コックピットについてです。

自分の車を走らせたいという人にとっては

最もこだわりたい部分ではないでしょうか。

↓実際の様子↓

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade1

パッと見ると、黒を基調とした

落ち着いたデザインのコックピットだな、

という印象を受けますね。

運転座席は広々としていて、

ゆったりとした座り心地となっています。

ステアリングホイールは

若干太くなっていて、握りやすく、

長時間の運転でも

あまり疲れないのがいいですね。

次はシートについてです。

ベースグレードのシートは、

メインの部分もサイドの部分も

どちらも材質が

ファブリックになっています。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade1

ここでファブリックについて紹介します。

ファブリックってなんだ?

って思った人は私だけではないはず。

ファブリックとは簡単に言えば

布の総称のことで、

ポリエステルやレーヨンといった

化学繊維やシルク、綿といった

天然繊維も含みます。

ファブリックのメリットとしては、

まずは安価で扱いやすい

ということが挙げられます。

車のシートとしてよく使われるのが、

このファブリックとレザーであり、

レザーと比べると、ファブリックは

とても安くなっています。

また、ファブリックはレザーよりも丈夫で、

長持ちします。

さらに通気性も抜群で、

折り目を風が流れていくようです。

一方デメリットとしては、

汚れが一度付着するとなかなかとれません。

ファブリックの繊維の隙間に

ほこりなどが入りこんでしまい、

取り除くのが困難になってしまいます。

あとはやはり高級感ですかね。

本革のあの高級感は、

ファブリックには出せませんね。

とはいえ、通気性や耐久性、安さ

などを考慮すると、ファブリックはとても

車のシートに適していそうですね。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade1

この車のパネルタイプは

木目調+シルバー塗装となっています。

こちらのベースグレードは、全体的に

落ち着いた雰囲気の内装になっていますね。

リミテッド

ベースグレードとの値段の差は

税抜きで20万円ほどとなっています。

この分、どのような差があるのかに

注目してみていきましょう。

まずはコックピット。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade2

デフォルトの色合いは、先ほどと変わらず、

落ち着きのある黒で統一されていますね。

ベースグレードとの違いは、

ペダルにあります。

ベースグレードの方は、ペダルが

よくあるパッドをかぶったタイプ

であるのに対して、リミテッドでは

アルミ製のスポーツアクセルペダル

なっています。

正直なところ、これは

少し好みが分かれると思います。

ベースグレードのような

統一感を求めるのも良いですし、

リミテッドのようにスポーツペダルにして、

車内にまた違ったアクセントを加えるのも

面白いと思います。

次にシートです。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade2

こちらのシートはメインに本革を使用していて

とても高級感たっぷりです。

利便性ではファブリックに

負けてしまうかもしれませんが、

それを補ってあまりある

質感を手に入れることができます。

ファブリックでは本革に高級感では

絶対勝てませんね。シート自体は

10万円高くなるのですが、

本革を選ぶ人が多いことからもわかります。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade2

こちらのパネルタイプは

ピアノ調+シルバー塗装となっています。

全体的に見て、リミテッドは

温かみというよりは、厳格なかっこよさを

追い求めているというような印象でした。

スポンサーリンク

レガシィの内寸と内装色

ここでは、内装の色や

寸法を紹介していきます。

  • 内寸

車内の長さ・・・・・・2030mm

車内の幅・・・・・・・1545mm

車内の高さ・・・・・・1220mm

他の車との比較などはこちらで紹介しています。

横幅に関しては150cmくらいで、

大人2人子供1人の3人で後部座席に

座るとしても、十分な広さでしょう。

また、チャイルドシートを取り付けても

スペースを確保できるので、

小さいお子さんがいるファミリーにも

嬉しいですね。

また、高さが122cmということで、

これもまた小さいお子さんを乗せるのにも、

苦労しなさそうなのが良いですね。

外寸についてはこちら

  • 内装色

新型のレガシィB4の内装色は

デフォルトで2つあります。

しかし、その選択をできるのは

リミテッドのみになっています。

もちろん、追加オプションとしてなら

選択は可能なので安心して下さい。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/interior.html

上がアイボリーで、

下がブラックになっています。

ブラックは先ほども言ったように、

車全体に統一感やかっこよさを

もたらしてくれています。

一方で、アイボリーは開放感や華やかさを

もたらしてくれているように感じます。

さらに、黒やシルバーの光沢と

調和して、より良い味を引き出していますね。

基本的には、内装色は

これらの2種類となっています。

どちらの色も車とマッチしていて

優劣つけがたいですね。

実際に行って、自分の目で

確かめて見て下さい。

エクステリアカラーはこちら

スポンサーリンク

内装改造

デフォルトだとなんだか満足しない、

もっと自分好みにしたい

っていう人は多いと思います。

そんな人は是非内装改造をしてみて下さい。

ということで、カスタムの

一部を紹介して行きます。

・スポーツアクセルペダル

ベースグレードもこれで

リミテッドと同じペダルに!

・ステアリング

引用:https://item.rakuten.co.jp

カスタマイズによって色や形、握り感など

様々に変化させられます。

運転中ずっと握っているものなので、

少し高くてもこだわってみるのもありですね。

・スタートボタン

引用:https://item.rakuten.co.jp

エンジンをスタートさせたり、

ストップさせたりするのに

使うボタンを豪華に見せます。

・STIシフトノブ

引用:https://item.rakuten.co.jp

運転時には操作しますよね。

質感や握り具合、さらには

形まで変えることができます。

これ以外にもシール形式で貼り付けるものや、

ペダルの別売りなど様々なものを使って、

内装改造することができます。

細部にまで目をむければ、

カスタマイズの可能性は無限に広がりますね。

自分好みのレガシィB4を目指してみて下さい。

これを知らないあなたは〇〇万円損してる!?

車を買い換えたいな!

けど家計のこと考えると余裕が・・・

そんなあなたに必見の方法が

楽天オートです。

ディーラーに下取りでの下取りよりも

最大で50万円以上

高く買い取ってもらえるので

知らなかった人よりも

何十万円も得することになりますよ

早速査定して、今のあなたの愛車の

正しい価値を見てみましょう!

↓安心の楽天運営↓

関連記事はこちら

レガシィB4で車中泊→

レガシィB4の内装に迫る→

レガシィB4のカラーはどんな感じ?→

レガシィB4の不具合リコール情報まとめ→

レガシィB4のスペックや乗り心地情報→

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする